プロダクトアウトについて考えてみる。プロダクトアウトって、なんでしたっけ?

プロダクトアウト

product out

 

 

簡単に言うと、

「作り手がいいと思うものを作る」

ということらしいです。

 

さらに言うと、

「作ったものを売る」

です。

 

 

「作り手」が優先されている、というわけです。

 

その反対の意味合いといいますか、

対義語なのが、

 

マーケットイン

market in 

 

です。

 

マーケットインでは、

「望まれるものを作る」

ことであり、

「売れるものを作る」

ことになり、

「売れるものだけを作って提供する」

ことになります。

 

 

 

ちょっと気になったので、メモがてら。

 

 

 

 

 

 

 

寒いです。凍えます。まあ、そういう季節です。

 

 

こたつ、ぽかぽか。

断熱シートを敷いて暮らしている、そんな冬の一日。寒いです。

 

 

こたつの下に敷いておくと、効果的。です。ぽかぽか。

 

 

冬が嫌いなのではなくて凍えるのがこわいだけ

私は夏が好きです。

 

あの夏の高い気温と、どうしようもない湿度を体験しても、夏のほうが好きです。

 

じゃあ冬が心底キライなのかというと、そういうわけでもないのです。

 

冬が嫌いというよりも、冬に凍えてしまうのが苦手なので、便宜的にといいますか。

 

代表的なものが、水道管の凍結です。まじ嫌です。水道管に関するトラブルは、なにがなんでも避けたいという一心です。冬は毎日、水道の元栓を閉めて水抜きしています。

 

まあ水抜き作業は面倒ですが、水抜きそのものは嫌いではありません。

 

水抜きをしなくてはならないという日課的なものが嫌です。日課的なものによる圧迫感で、本当に息苦しくなってしまいます。イライラの原因になります。

 

今年は思い切って、家そのものを、どうにかしようと考えています。まじ寒い、この家。断熱性能なんて、おそらくないのでしょう。それは仕方ありませんが、そうと知ってなお放置し続けるのが嫌です。

 

ああ、なんだ、自分の問題じゃないかと気づくパターンですが、それも本当に圧迫感になっています。

 

 

断熱リフォームの見積もりを依頼してみたところ、多めに想像していた金額の七倍ありました。予算オーバーどころの話では、ありません。

 

最近になって、家の中いながら水抜きができるシステムがあるらしいことが分かりました。懇意にしているリフォーム業者では取り扱っていないそうですが。

 

なんとかしたいなと考えながらも、なんともならない現実です。

 

なんとかしたいと真剣に考えていますが、考えたうえでの行動もしています。

 

そのうち暖かくなれば、「まだ、いっか」となりそうです。

 

できることなら工事費用は抑えたいのですが、だからといって必要な工事費用はケチりたくないのも本音です。

 

一流の業者に、一流の完成度を求めるなら、予算は必須です。

 

たとえ少なくてもチップも用意します。

 

でも基本的な見積もりの段階で、どうしようもありませんでした。

 

だから、さっきも水抜きしてきたよ。寒かったです。

 

 

 

八月になりました

f:id:souheishimizu:20140811125518j:plain

 

八月になりました。

 

以前、使用していたジョウロが、どうしても見つかりません。

 

ガラス製で、さきっぽが長くて曲がっていて細いタイプです。

 

一滴ぽとり、というような繊細な水遣りにも対応できるタイプです。

 

おもに室内で使用していました。

 

夏は、こまめに少しづつ、水をあげたいので、さてさてさて。

 

そこで近所で売っている場所がないか調べていたところ、

 

「如雨露」

 

という文字を見かけました。

 

如雨露。ジョウロです。あめつゆのごとく、まさに水撒きできます。

 

普段それほど意識せず使用している樹脂製のジョウロまでも、

 

美意識に満ち溢れた一品のように感じられるようになりました。

 

 

 

 

 

 

美味しいです。

f:id:souheishimizu:20170715012340j:plain

 

あっという間のようにも感じるし、

とても長く長い道のりだったようにも感じてしまう8年間でした。

 

そんな8年間を過ごしてから、さらに3年間が過ぎていました。

 

たとえようのない感覚です。

 

正直なところ、あっという間です。

けれども、子供にとっての時間感覚は別でしょう。

もう、それはそれは、もう、とてつもなく、かけがえのない、長くもありつつ、

唯一無二の季節のような。

 

たとえようがないので、このへんにしておきます。

 

 

まだ、いいのでしょうか。

なにか好きなことをしても。

 

もう存分に生きたようにも感じます。夏を精一杯に生きて生きて行き切ったとさえ、思いそうになるのです。

まだ時間が、ある、ようです。

 

そうですね、なんというか、まあ、

やれることをやることにします。

 

もっと上手な作戦だとか、

もっと合理的な判断だとか、

あるのでしょうけれども。

 

仕事の合間に、コーヒーを。アイスコーヒーです。

いれたての熱々を、かちんこちんの氷にかけて、一気に冷たくします。

 

美味しいです。とてもとてもとても、美味しいです。

 

 

 

なにもないように感じる日

f:id:souheishimizu:20170711140036j:plain

 

とくべつなにかが、あるわけでもなく、暮れていく一日。そうして幾日。

私にとって夏は最高の季節なので、なにもないように感じる日でも最高。

 

梅雨に入り、かなり、まとまった雨が降りました。

よく歩く道沿いの田んぼは潤っています。

できれば朝と昼は晴れて、夕立になって欲しいのですが、

そう都合よく降るわけもなく、何度も何度も激しい雨に撃たれました。

 

朝、いちめんに霧がたちこめて、すぐそこさえも見えないほどでした。

みるみるうちに視界が開けて、なにごともなかったかのように、街が見えます。

 

できることなら、カナメモチの剪定をしておきたかったな、と、思いました。

思うだけで、風に吹かれながら、焙煎したての珈琲豆の香りを楽しみました。